システム発注に関わる
すべての人の成功を支援するメディア

システム導入・運用 ITガバナンス 業務改善 用語集 運営会社 問い合わせ 記事を探す

SFAとは

SFAは、Sales Force Automationの略で、日本語では「営業支援システム」と呼ばれます。営業活動を可視化し、時間とリソースを最大限有効活用し、営業活動の効率化や利益拡大を目的としています。

SFAを活用するメリットは下記の点があります。

1.営業活動の効率化

SFAは、営業担当者の日常的な手動業務を自動化し、より戦略的な活動に集中できるようにします。これにより、営業プロセス全体の効率が大幅に向上します。

2.データ管理の一元化

顧客情報、取引履歴、商談進捗などのデータを一箇所で管理することで、情報の正確性と共有が容易になります。これにより、チーム全体の連携が強化されます。

3.営業戦略の最適化

蓄積されたデータを分析することで、効果的な営業戦略の立案が可能になります。過去の成功パターンを識別し、将来の営業活動に活かすことができます。

 

SFAには主に下記の機能が含まれています。

  1. 顧客管理:顧客情報の一元管理、顧客の分類・セグメント管理、顧客とのコミュニケーション履歴の管理等
  2. 営業プロセス管理:商談・案件の進捗管理、営業活動の記録、営業プロセスの標準化と見える化等
  3. 見積・受注管理: 見積書の作成・管理、受注情報の管理等
  4. スケジュール管理: 営業担当者のスケジュール管理、会議や訪問の予定管理、リマインダー機能等
  5. 分析・レポート: 営業活動の分析、ダッシュボード機能によるリアルタイムなデータ可視化、定期的なレポートの作成と配信等
  6. マーケティング連携: マーケティングキャンペーンの管理、見込み客の管理、マーケティングオートメーションとの連携等
  7. コミュニケーション: チーム内のメッセージング機能、メールテンプレートの管理等等

SFAは現代の営業活動に不可欠なツールとなっています。適切に導入・活用することで、営業チームの生産性向上、顧客満足度の改善、そして最終的には企業の売上増加につながります。しかし、単にシステムを導入するだけでなく、組織全体での理解と活用が成功の鍵となります。

また、企業の特性に合ったシステム選びも非常に重要となります。SFA導入でお悩みの方は是非ご相談ください。最適なSFAを一緒に検討いたします。

この記事の編集者

柳元 華奈

柳元 華奈

北京大学日中通訳専門修士卒。日本経済の活性化を目指し、日本のIT変革やアジアとの架け橋となるべく、(株)グローバル・パートナーズ・テクノロジーに新卒入社。 主に民間企業のシステム刷新プロジェクトに従事し、同社のPR・マーケティング全般の業務やIT調達ナビの運営業務にも携わる。

この記事をシェアする