システム発注に関わる
すべての人の成功を支援するメディア

システム導入・運用 ITガバナンス 業務改善 用語集 運営会社 問い合わせ 記事を探す

パッケージとは

パッケージとは、IT分野では、既に製品化されているソフトウェア、システムのことを指します。

パッケージのメリットは、「初期費用を抑えられる」「短期間で導入できる」ことです。
既に開発されたシステムを導入できるため、ゼロから開発を行う必要がありません。
その分初期費用を抑え、導入までにかかる時間を短縮することができます。基本的にはパッケージに搭載されている標準機能で問題ないが、一部の業務のみパッケージの標準機能で対応できない業務がある、という場合には、部分的にカスタマイズ開発をして導入することもあります。

パッケージの導入を検討する上で注意したいことは、「自社特有の業務には対応できない可能性がある」ことです。パッケージは特定の領域に絞った業務かつ汎用的な標準機能を有することが多いため、独自性の高い業務の場合には適合しない可能性があります。そのため、事前にパッケージの持つ機能と、システム利用者の業務プロセスや求めるシステムの機能を比較して、適合度合いを分析することが必要です。(この分析を「Fit&Gap」と呼びます。)

また、パッケージの導入とは別に、システムをオーダーメイドでゼロから構築することを「スクラッチ開発」と呼びます。 システムを導入したい業務の独自性が高く、競合他社との差別化に貢献するような重要な領域の場合は、スクラッチ開発でのシステム導入を行うことが推奨されます。

この記事の編集者

武田 祥太郎

武田 祥太郎

IT調達ナビの運営会社である、(株)グローバル・パートナーズ・テクノロジーに新卒入社。 ITコンサルティング業務に従事しつつ、IT調達ナビでシステム発注に役立つ記事を展開するというメディア運営業務にも携わる。

この記事をシェアする