• 丁 大方
  • コンサルタント
  • あるときは建設業者と、
    あるときは政府関係者と。

    入社して最初のプロジェクトは、ある店舗のITインフラの構築コンサルティグでした。IT設備の導入、ネットワーク環境、Wi-Fiスポットの設置個数、ベンダー選定まで、すべて任せてもらいました。しかも、店舗建設時から参画したので、建設業者や内装業者と打ち合わせしながらつくりあげたのです。企業案件だけではありません。政府関連のプロジェクトにも参画しています。政府開発援助(ODA)の実施機関との仕事もあれば、ある省庁とのシステム構築の仕事もあります。社内でいえば、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の事務局長を任されました。入社してまだ日は浅いけれど、これだけは言えます。やりたいことは、ほぼ実現できる場所です。

  • キャリアに合わせた、仕事ができる。

    なんでもやらされると、なんでもやれるは全く違います。GPTechは、まだまだ小さい会社。そのため、任される幅も広い。ただ、無作為にプロジェクトを振り分けられるわけじゃありません。個々のキャリア、目標を考慮してくれます。やったことのない仕事でも、上司がサポートに入ってくれるため、挑戦できます。とくに代表の坂本との時間は、非常に学びが多いです。都度、自分に足りないところを的確に指摘してくれる人は、貴重です。無駄なく自分を修正することができますから。打ち合わせに同席するだけでも、経営観点の視点が学べます。できるだけたくさん質問して、多くの気づきを得たい。将来は起業したいんです。その想いは以前からあるが、より実現に近づけている気がします。近ごろは、経営学も学びはじめました。

  • 自己成長以上に、求めているもの。

    我々の仕事は、お客さまの想いを引き出し、言葉にして、カタチにしていくことだと思っています。企業課題は、常に複雑です。どこに原因があるのか、うまく表現できないからこそお客さまは困っています。本当に解決すべきことは何か、必要としていることは何か。会議を何度も重ね、既存システムを調査し、実務業務を見ながら、原因を究明していく。地道な仕事です。でも、本質的な解決案を提案できたとき、ずっとつっかえていたものがとれたように「そうそう、それを実現したかったんです!」とお客さまは顔がパッと明るくなります。成長のためだけに、ここにいるわけじゃありません。お客さまが本当に解決したかったことに貢献できる瞬間を何度も味わいたくて、のめり込んでいる自分がいます。


indexに戻る